膝に水が溜まっていて、病院で何度も抜いてもらっています。でも最近、水を頻繁に抜くのは良くない(癖になる)という記事をインターネットで見かけました。
以来こわくて、どの治療法が正しいのか良く分かりません。
この記事は本当でしょうか?

水を抜いたことで癖になるわけではありません。膝に水が溜まるのは、関節内で強い炎症が起きているからなので、炎症しているままですと水を抜いても溜まってしまうのです。水を抜くと一度膝が細くなるため、また水が溜まったときに腫れが顕著になってしまいます。そのことが、水を抜くと癖になると言われていることの理由のようです。

もちろん、あまり頻回に水を抜くと関節に菌が入ってしまう可能性が高くなるので、少ない回数で済むのであればその方が良いと思います。しかし、関節内の炎症が治まって来ない限りは、また水がたまる状態になってしまいますので、炎症を抑えることが必要になってきます。
当院でも治療の際に膝に水が溜まっていると、必要に応じて抜いてから、抗炎症作用の高いPRP-FD注射や培養幹細胞治療を行うこともあります。

元々関節の中には少量の水があり、その水のおかげで関節の滑りがよくなっているので、量を抜きすぎてしまうのは良くないと言われています。

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-506

電話受付時間
9:00〜18:00