症例実績のお知らせ
PRP-FD注射3,000症例突破

※当グループ調べ(2015年11月〜2019年9月)

PRP-FD注射とは

PRP-FD注射とは、身体にもともと備わる自己治癒力を一時的に高めることで、損傷や痛みの改善を目指す治療法です。自分の血液中の血小板から分泌される、傷の修復に働く物質だけを特殊な技術で取り出し、患部に注入します。

  • 自分の血液で痛みを改善
    血小板から分泌される、傷を治す物質を関節内に注入。慢性的な痛みの原因となっている損傷であっても、再び自己治癒力を高められるため有効です。
    治療効果を受けるひざ関節
  • 注射だけでひざを治療
    採血は注射で行いますし、加工して精製したPRP-FDも注射器で注入します。ひざを切開する必要がないので、治療直後から普段の通り生活できます。
    堤防の散歩
  • 副作用のリスクが低い
    自分の血液成分を体内に戻すだけなので、安全面でも一目置かれる治療です。当院でも年間300例近く行っていますが、重篤な副作用は認められていません。
    葉っぱ

こんな方が
受けられています

当院でPRP-FD注射を受けられるのは、初期〜進行期の変形性ひざ関節症の患者さまが8割以上を占めています。一方で、半月板損傷や軟骨損傷、腱板断裂などを患っている方もいらっしゃいます。
保険診療でヒアルロン酸注射を受けていたけれど、痛みが改善しないとお困りの方が多い印象です。

  • 変形性ひざ関節症で初期〜進行期
  • 半月板損傷
  • 軟骨損傷
  • 腱板断裂
  • ヒアルロン酸注射を打っても改善しない

治療の流れ

まず、50mLほどの採血を行います。献血での採血量(200mL)の4分の1という少量なので、貧血の方でも問題ありません。採取した血液はその日のうちにCPC(細胞加工センター)に輸送。専用の設備で精製され、3週間後にクリニックにて注射する流れとなります。治療に伴う痛みはほぼなく、歩いてご帰宅いただけます。

PRP-FD注射の治療の流れ

早ければ2週間ほどで効果が現れます

PRP-FD注射で改善を実感する時期の目安

採血から治療までの3週間は、痛みを軽減するリハビリやマッサージ、生活改善などのアドバイスいたします。それらで関節内の炎症の悪化が防げれば、効果もより期待できます。
ひざの状態によって個人差がありますが、当グループの症例を見る限りでは、治療後1か月くらいが効果の現れる目安になります。反応が早いと2週間で痛みの改善を実感される方もいらっしゃいます。

痛みが改善される理由

組織修復の仕組みの説明

血液に含まれる血小板には、止血したり、傷を治したりする働きがあります。自己治癒力の正体がこれに当たるのですが、正確には血小板から分泌されている、組織の修復を促す物質(=成長因子)の作用によって起こります。
PRP-FD注射は、この成長因子だけを特殊な技術で取り出して患部に注入する治療です。関節内は血流がなく自己治癒力が生み出されにくい環境ですが、成長因子を直接注入することで、この力を一時的に高めることができます。その間に痛みの原因となっている関節内の炎症が抑えられたり、組織の修復が促されるため、つらい症状が改善されるのです。

PRPを濃縮して行う治療です

PRPとは多血小板血漿という、血液から血小板の多い液体成分を取り出したものです。海外ではすでにPRPを使った治療が頻繁に行われており、国内でも取り扱う医療機関が増えてきました。
スポーツ選手が受けているので怪我の治療というイメージかもしれませんが、変形性ひざ関節症の痛みや関節機能の改善効果が認められています[1]。ヒアルロン酸注射との比較では、有意に症状を改善させることを示唆した報告もあります[2][3]
PRP-FD注射では、そのPRPから修復に作用する成長因子だけを濃縮して注入します。

PRPとPRP-FD注射の工程の違い

成長因子の種類と作用

PRP-FD注射に含まれる成長因子は1種類ではありません。複数の有効物質を関節内に送り込むことができ、大きくわけて次の3つの作用がもたらされます。

ひざ関節と成長因子

  • コラーゲンの産生

    骨や軟骨や靭帯などの形成に関係するコラーゲン。組織を修復する上でも重要な成分です。

  • 細胞を呼び寄せる

    修復で重要な働きをする細胞たちを、呼び寄せる成長因子も含有。痛みの改善に働きます。

  • 修復が促進される

    細胞分裂を活性化させる成長因子によって、治癒を促す働きが一時的に高まるとされています。

特に関節内治療に適しています

PRP-FD注射の採用理由

一般的なPRP療法でも成長因子は分泌されます[4]。それなのになぜPRP-FD注射かというと、当院は関節内の治療がメインだからです。
PRP療法は調整方法によって、期待できる効果も違ってくると言われています[5]。とりわけ変形性ひざ関節症の治療においては、無細胞化されたPRP-FD注射が有効だと、ひざ関節症クリニックでは考えています。当グループの変形性ひざ関節症に対するPRP療法とPRP-FD注射の臨床データを比較すると、後者の方でより大きな痛みの改善が見られました[6]。成長因子量がPRPの約2倍[7]という点からも、違いが現れているのではないかと考えます。

治療にかかる費用

PRP-FD注射の費用については、料金ページにてご案内しております。また、当院の治療は自由診療になりますが、医療費控除制度が適応される場合があります。併せて内容をご確認ください。

よくある質問

  • ヒアルロン酸やステロイド注射と何が違いますか?

    抗炎症作用が高いことがあげられますが、関節内の状態を改善できる可能性を持っているという点も異なります。
    自己治癒力が高まっている間に修復された組織は、再度ダメージを負わなければ修復されたままです。つまり、薬剤の一時的な効果とは違って、長期的な改善が期待できます。

  • 治療後は安静にした方がいいですか??

    これまで控えていた運動をいきなり行うようなひざの酷使は控えた方が良いですが、特に安静に休む必要はなく、いつものように生活いただけます。
    逆に安静にし過ぎるとひざ周りの筋力が落ちたり、関節が固まって動きづらくなったりしかねません。座った状態でひざを動かすなど、適度な運動を行った方が関節への負担軽減につながります。治療後にはそうしたアドバイスも具体的に行っておりますのでご安心ください。

  • 安全性は問題ありませんか?

    自分の血液を使用するため、副作用のリスクが少ないことはお話しましたが、治療の際の衛生面も徹底して安全な治療に努めています。
    また血液からの精製過程は、厚生労働省の認可を受けた細胞加工センターに依頼。保管や輸送なども含め、しっかりした管理体制のもと行われています。

  • まずはお気軽に
    ご相談ください。

    0120-013-506

    電話受付時間
    9:00〜18:00

    はじめてのご来院予約

    再診の方
    はこちら

    メール
    相談

    完全予約制 待ち時間ありません