変形性膝関節症と診断されました。
右膝にはAPSを注射し、具合は良好です。
同じ症状が左膝にも出てきましたが、この軟骨培養の施術法も、効果が期待できますか?保険適用との話もありますが、どうなのですか?

自家培養軟骨移植術のことかと思いますが、当院では行っておりませんので、効果のほどについては分かりかねます。また、こちらの治療法は確かに保険適用となった治療ではありますが、下記のような適用条件があります。
・膝関節における外傷性軟骨欠損症、または離断性骨軟骨炎で、他に治療法がないと判断した場合
・かつ、軟骨が欠損した面積が 4cm2 以上
そのため、変形性膝関節症は保険適用にはなりません。

右膝がAPSで良くなられたとのことですので、左膝も同じような状態であれば、当院で扱う再生医療でも効果が期待できるかと考えます。血液を用いたPRP-FD注射や、ご自身の幹細胞の働きを用いた培養幹細胞治療です。
自由診療にはなりますので、治療するかどうかは別にして、まずは左膝の状態をお調べすることをおすすめします。MRIで詳しく検査いたしますので、保険診療、自由診療すべての選択肢の中から、適した治療をアドバイスいたします。その際、再生医療に関するご質問がありましたら、併せてお答えさせていただきます。

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定専門医

尾辻医師の詳しいプロフィール

まずはお気軽にご相談ください。

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約

0120013712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約
お電話でのお問い合わせ

  • 0120-013-712
  • 9:00〜18:00 受付
    [年中無休/完全予約制]
    電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診を
はじめて検討される方へ