40代前半の女性です。
小学校のときからバレーボールをしており、現在でもママさんバレーを続けております。学生・社会人のときはアタッカーをしていましたが、現在は膝が痛いためレシーバーをしています。正座もできず、トイレも和式ではできません。

まっすぐに立っていても膝が曲がった状態になっています。電気治療やマッサージなど行っていますが、イマイチ改善がありません。手術をしたら良くなるのか、しなくても改善できるのか、どうしたらよいのかわからない状態です。
何か良い方法はないでしょうか?

お膝の痛みで大変お辛いことと思います。

実際に診察をしていないため正確なことはお伝えできませんが、手術で改善する可能性はあります。
また、手術をご希望でない場合は、当院のPRP-FD注射や培養幹細胞治療などがお力になれる可能性もあります。これらは炎症や痛みの緩和、患部の状態を整える効果が期待できる治療法です。

当院の治療が適応となるのか、それとも手術など保険診療が良いのかを見極めるためにも、まずは一度カウンセリングへお越しいただければと思います。MRIを用いてしっかりとお膝の状態を確認したうえで、適した治療法をご提案致します。

当院の治療法について、詳しくは下記ページを参照ください。
PRP-FD注射について
培養幹細胞治療について

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定専門医

尾辻医師の詳しいプロフィール

まずはお気軽にご相談ください。

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約

0120013712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約
お電話でのお問い合わせ

  • 0120-013-712
  • 9:00〜18:00 受付
    [年中無休/完全予約制]
    電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診を
はじめて検討される方へ