20代前半です。高校2年生の頃の秋から膝が痛み始めました。
部活は陸上競技の長距離をしていました。

病院では腸脛靭帯炎と診断され、安静にしていれば自然に治ると言われましたが、一向に治る気配はなく、練習を続けて治らないまま引退しました。
社会人になり、スポーツもやらなくなったので、治るだろうと思っていましたが全く良くなることはなく、最近は歩行時、就寝時、仕事中にも痛みがよくでます。
2年ほど前にも整形外科を受診しましたが、原因は分からず膝の軟骨が多少すり減っているだけだと診察されました。
正直もう治らないんじゃないのか?と自分で思うようになり治すことを諦めていましたが、やはり痛みもあり辛いので、もう一度ちゃんと診察してもらいしっかり治したいと思っています。
是非一度診ていただきたいのですが、上記のような症状でも診察していただけるのでしょうか?

長年お膝の痛みが続いていて、またその中でずっと競技を続けられたとのことで、とてもきつかったことと思います。

診察についてですが、もちろん可能でございます。
関節内にダメージがあれば、当院の提供しているPRP-FD注射が適応可能です。また、治療の適応がなかった場合でも、しっかりとお膝の状態を診させていただければ、今後の治療方針をご提案できますので、一度ご来院いただければと思います。

その際、まずMRI検査を受けられることをおすすめしております。MRIでは、レントゲンで確認のできない軟骨や靭帯なども見ることができるため、トラブルの原因が膝の関節内にあるのか、それとも関節外にあるのかを判断することができるからです。

当院では、提携先の医療機関にて、MRIによる即日診断を行っております。よろしければ、下記ページをご参照ください。

MRI即日診断について

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-506

電話受付時間
9:00〜18:00

はじめてのご来院予約

再診の方
はこちら

メール
相談

完全予約制 待ち時間ありません