90代の母の事でご相談なのですが、母は何年も前から膝にビリビリという激しい痛みをがあるといってヒアルロン注射をしたり病院からのクスリを飲んでおりましたが効き目がなく、タケダのアクテージを飲んで善くなったと言って安心しておりましたらまた、膝が痛みだして整形外科でエコー検査をしましたら骨棘と診断されました。母はペースメーカーが入っているためレントゲンは撮れず、年齢的にも全身麻酔は難しいと先生がおっしゃっていました。
色々とネットで調べて先生の治療にたどり着きました。
先生のお力で何とか母の膝の痛みを治して頂く事は可能でしょうか?何%かでも希望がありそうでしたら直ぐにでも診察して頂きたいと思います。

骨棘があるのであれば変形性膝関節症と考えられます。
ペースメーカーは磁気の影響で動作に異常が生じることがあるため、磁場を使ったMRI検査は不可ですが、X線(放射線)を用いたレントゲンは撮影可能です。銀座院と新宿院でしたら、診察時にレントゲン撮影も受けていただくことができます。

当院の治療につきまして、実際に診察しての理学所見にもよりますが、血液を用いたPRP-FD注射、または脂肪を用いた培養幹細胞治療が妥当かと思われます。

ご興味をお持ちいただけたら、いつでもカウンセリングにお越し下さい。お待ち申し上げております。

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定専門医

尾辻医師の詳しいプロフィール

まずはお気軽にご相談ください。

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約

0120013712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約
お電話でのお問い合わせ

  • 0120-013-712
  • 9:00〜18:00 受付
    [年中無休/完全予約制]
    電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診を
はじめて検討される方へ