60代の男性です。
40代から右膝に痛みを覚え、整形外科で受診したところ、
変形膝関節症と診断されました。50代には歩けなくなると言われました。
事実、階段の降りや星座が困難となり、折り曲げるたびに痛みを感じます。
小学校の頃から、柔道や水泳を行い、中学からはバレーボールで高校、大学と厳しい練習をしてまいりました。
現在は、ジムに通い、大腿筋を始め、筋力を鍛えております。
何とか、正座はできます。
しかし、限界があるかと思います。
兎に角、右膝の関節のクッションがほとんど無い状況だそうです。
人工関節は抵抗があります。

膝の状態によっては、脂肪を用いた培養幹細胞治療や、血液を使ったPRP-FD注射といった、当院で提供している治療で症状が改善する可能性がございます。
しかし現在の変形の状態を確認するため、先ずは実際の膝の状態とMRI画像を拝見てきたらと思います。
その上で、治療の提案をしていきたいと思います。

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定専門医

尾辻医師の詳しいプロフィール

まずはお気軽にご相談ください。

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約

0120013712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約
お電話でのお問い合わせ

  • 0120-013-712
  • 9:00〜18:00 受付
    [年中無休/完全予約制]
    電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診を
はじめて検討される方へ