ひざ関節症のPRP-FD注射が7,200症例を突破しました

2021.03.25

診療・治療法

PRP-FD注射の治療実積7200症例突破

手術しないで受けられる血液を利用した「PRP-FD注射」は、変形性膝関節症や半月板損傷、靭帯損傷による痛みの治療に2015年11月より採用している治療法です。
2021年2月現在、当グループにおけるPRP-FD注射の治療実績が、7,200症例以上となりましたことをご報告いたします。

 

根拠に基づく医療提供の環境づくりを目指します

また、脂肪を材料とした再生医療「幹細胞治療」も2015年3月から導入し、2020年2月で3,900症例以上となりました。

当グループでは各症例の治療データを随時検証しており、それは適切な診断や治療を行うための検討材料として、とても有意義な情報となっております。また、日本再生医療学会や国際軟骨修復学会などを通じて広く世界に発信することで、当院の患者さまでなくても根拠に基づく医療を受けられる環境づくりを目指しております。

 

もちろん患者さまが笑顔になられることが私どもの一番の喜びですが、こうした背景からも治療を受けてくださった患者さまに深く感謝申し上げます。
今後も多くの患者さまの人生を応援できるよう、真摯に痛みに向き合ってまいります。

 

尾辻院長がわかりやすく治療を解説
▶︎ 変形性ひざ関節症へのPRP-FD注射
▶︎ 変形性ひざ関節症への培養幹細胞治療