PRP-FD注射の治療実積が、4,300例以上となりました

2020.03.31

診療・治療法

PRP-FD注射の治療実積4300症例突破

PRP-FD注射とは、手術することなく、注射だけでひざの痛みの改善を図る先進的な治療法です。ひざ関節症クリニックグループでは2015年11月から導入した治療で、2020年2月末の時点で治療実積が4,300例以上となりました。

ご報告と併せて、治療を受けてくださった患者さまには、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

多くの患者さまが多くの選択肢から治療を選べるように

当グループではもうひとつ、培養幹細胞治療という再生医療もご提供しています。2015年3月から取り入れ、2000例を超えたことを先月もご報告いたしましたが、2020年2月末には2,300例以上となりました。

 

PRP-FD注射も含め、再生医療をはじめとするこうした先進的な治療では、明確な裏付けがまだ十分とは言えません。ただ、合計6,600症例以上をみても、ひざ痛にお悩みの方の新しい選択肢にはなり得ると考えています。患者さまが根拠に基づく治療を、どこででも受けられるような環境になることを目指し、当グループでは今後も学会や論文などを通し、症例分析から得た情報を国内外に発信する活動を続けてまいります。

 

 

▶︎横浜院のPRP-FD注射についてのご説明
▶︎横浜院の培養幹細胞治療についてのご説明