ひざ関節のPRP-FD注射の症例が3,000症例を突破しました

2019.10.31

診療・治療法

PRP-FD注射3000症例突破のお知らせバナー

血液に含まれる痛みや傷に対する有効成分を利用した、手術以外の治療法には種類が様々ありますが、PRP-FD注射もそのうちのひとつです。2019年9月現在、ひざ関節症クリニックグループにおけるこの治療の症例実績が、3,000例以上となりました。

2015年11月からご提供してきましたが、この治療法と当院のスタッフを信頼して治療を受けてくださった皆さまに、感謝の意をお伝えいたします。

 

3,000の症例から得た新たな情報は医療のために役立てます

PRP-FD注射は血液の血小板が分泌する「成長因子」という物質を高濃度に構成したものを注入する治療です。横浜ひざ関節症クリニックでは、ヒアルロン酸注射で効果が得られないと来院された患者さまにも痛みの改善効果を確認しています。

ただ、新しい治療は裏付けとなる症例データがまだまだ十分とは言えません。だからこそ、これだけの症例数から得られた効果に関する情報にとても意味があるのです。効果の期待できる良い治療が普及し、より多くの方がひざの痛みから解放されるよう、当院ではこれからも多くの症例データを蓄積し、広く医療業界に共有できるよう努めてまいります。

 

治療については尾辻院長のわかりやすい解説をご覧ください。
▶︎ PRP-FD注射の効果や作用について