ひざ関節の幹細胞治療が2,000症例を突破しました

2019.12.26

診療・治療法

幹細胞治療2000症例突破

患者さまの脂肪幹細胞を原料とする再生医療を、横浜ひざ関節症クリニックでは採用しています。2015年3月より当グループでご提供しておりますが、2019年11月現在、幹細胞治療の症例実績が2,000例以上となりましたことをご報告いたします。また、併せて治療を受けてくださった患者さまに感謝申し上げます。

 

横浜院の幹細胞治療の方法

脂肪に存在する幹細胞は、変形性ひざ関節症の痛みや関節内の炎症を改善する作用を持っています。併せて、幹細胞自体の特定の細胞に分化する能力への期待から、再生医療領域で注目される原料です。横浜ひざ関節症クリニックでは、グループのこれまでの治療結果などから、なかでも脂肪から取り出した幹細胞を培養(増殖)させてから注射する方法をご提供しております。

 

根拠に基づく治療提案がどこでも受けられるように

培養幹細胞治療の他、当院では患者さまの血液を活用するPRP-FD注射もご提供していますが、2015年11月〜2019年11月現在で、3,600例以上の治療を行ってきました。こちらも治療結果のデータから、痛みの改善効果が認められます。

ひざ関節症クリニックグループでは、そうした期待できる治療を医師の主観だけでなく、根拠に基づくデータとともに普及させるべく、症例から得た治療効果や安全性に関する情報共有も積極的に行っています。当院の患者さまによりご納得のいく治療を選択していただくためはもちろん、より多くの方はどの医療機関でもそうした治療提案を受けられるよう、今後も努めてまいります。

 

横浜ひざ関節症クリニックの治療法についてよくわかる解説ページ
▶︎ 変形性ひざ関節症への培養幹細胞治療
▶︎ 変形性ひざ関節症へのPRP-FD注射