ひざ関節の培養幹細胞治療の症例が1,000例を突破しました

2019.07.12

診療・治療法

幹細胞治療100症例突破報告のバナー

横浜ひざ関節症クリニックでは、変形性ひざ関節症の痛みを患者さまご自身を幹細胞を用いて改善する再生医療をご提供しています。2015年3月よりご提供してきました培養幹細胞治療が、1,000症例以上となりましたことをご報告いたします。

 

患者さまがご自身に適した治療に出会うために

幹細胞治療は国内外で研究が進められている再生医療のひとつです。関節炎や痛みを抑える作用があるため、整形外科分野では特に変形性ひざ関節症の治療法として注目されています。

当院の症例では、ヒアルロン酸注射で痛みの改善が得られなくなっていた患者さまにも効果がみとめられています。加えて、ひざの手術や入院を必要としない治療方法から、変形性ひざ関節症にお悩みの患者さまが新しい選択肢として検討できるよう、2015年から提供してきました。

 

治療結果のデータは、医師個人の経験や主観ではなく、エビデンスに基づく正しい判断で医療を提供するために必要な情報です。これは患者さまが最善の治療を見つけるためにも重要となります。横浜ひざ関節症クリニックでは、今後もそうしたデータの蓄積と情報共有に務めてまいります。

 

関連する治療のわかりやすい解説はこちら
▶︎ 培養幹細胞治療について